2010年08月09日

ノスタルジックOPPAIポエマー2−G

{.jpg

僕は人の顔色を伺ってばかりの風見鶏だから

最初にどこを向いて立っていたのか

自分がどこに立っているのか すぐに忘れてしまうんです

風の無い日には 昔見ていた景色を眺めて

あの日飛んでいきたかった山を 思い出すんです



危ない避けろ! これはいい話じゃなくてOPPAIトークだ!

おっぱいが大好きで
ずっと理想のおっぱいを描いていた少年が、
色々な人の意見で自分のおっぱい
を曲げなくてはいけなくなった、
そんな挿絵付きのノスタルジックOPPAIポエムなのに、
何故か皆が「悪ふざけ」とか、「なんだいつもの2−Gか」
とか言うんです。

感動に胸を振るわせる所だよここは! 乳揺れだよ!
ぷるんぷるん! ぷるんぷるん……はぁはぁ

でも、「大丈夫、乳に足が付いてるじゃないですか」
という返事をもらったときは、
上手すぎて敗北を認めざるを得ませんでした。

拍手のお返事
posted by 2−G at 03:03| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記